toggle
2021-09-13

エチオピアから新たなエリアのコーヒー豆のご紹介です。

秋を思わせる過ごしやすい日も増えてきました。

少しずつご自宅でもホットコーヒーが飲みたくなる季節ですね。

先日ブレンドで季節の豆を新たに発売しましたが、

今回は店頭でも人気のエチオピアから新豆のご紹介です。

この度発売のエチオピアは、従来のグジエリアからイルガチェフェエリアへ、

イディド地区ケベレ村のロットに変わりました。

ケベレ村は首都アディスアベバから南に407km離れ、

生産者のDesalegn氏(44)は、村の標高2,000mのエリアで、

14人の家族と共に11haの農地でコーヒーを栽培しています。

また精製方法は全てナチュラル、アフリカンベッドにて乾燥させています。

品種はエチオピア原生種と、ジンマ農業研究センターで開発された耐病性と収量のある、

「74112」が栽培されています。

生豆の状態からフルーツの甘い香りが漂い、

抽出したカップからは、イルガチェフェエリア特有のストロベリーのような甘い香り、冷めるごとにキャンディのような質感をお愉しみ頂けます。

普段酸味のあるコーヒーを飲まれない方にも、

イディドナチュラルからまずはお試し頂ければと思います。

オンラインショップでも発売しておりますので、ぜひご利用ください◎

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です